iPhoneをフリマアプリのメルカリで買うときの3つの注意点

2019年8月9日


いきなりですがフリマアプリってご存知ですか?1番有名なフリマアプリといえば「メルカリ」で、わたしも何度か利用したことがあります。

フリマアプリの良いところって、売り手側も買い手側もお得になる場合が多い点が良いですよね。

売りたい人買取店よりも高額で売れる可能性が高い
買いたい人中古販売店よりも安く手に入る可能性が高い

メルカリで出品数の多い商品の中に「iPhone」があります。

スマートフォンの中でダントツに人気のiPhoneは毎年買い換える人も多いので、使わなくなったiPhoneをメルカリで売る人が多いんです。なるべく高く売りたいならメルカリなどのフリマアプリに出品するのが1番可能性が高いと思います。わたしも売る機会があれば間違いなくメルカリに出品しますね。

この記事ではメルカリでiPhoneを買う場合の注意点を3つ紹介します。初心者がいきなり出品数の多いiPhoneを買うのは迷ってしまい、不良品をつかまされる可能性もあるので、ぜひこの記事を参考にしてください。

 

メルカリでiPhoneを買いたい方が注意する3点

ここからメルカリでiPhoneを買う方に向けて、わたしが注意した方がいいと思う点を3つ紹介します。この3つを注意していれば、ハズレを引く確率は限りなく0に近ずけられます。

分割の支払いが残っているか完済済みか

出品されているiPhoneが分割払いで買われたものだと、完済済みかどうかのチェックが必要です。

支払いが残っているiPhoneを買って、万が一出品者が端末の支払いを滞らせてしまうと、iPhoneが使えない「赤ロム」状態になってしまいます。

そうならないためにも必ずチェックしましょう。

完済済みかどうかのチェック方法

自分が買いたいと思っているiPhoneがキャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で買われたものは、製造番号(IMEI)を各キャリアの「ネットワーク利用制限」の確認ページに入力してチェックできます。

チェックした結果

  • 「◯」と表示されたものはネットワーク利用制限がかかっていないので問題なし
  • 「△」分割支払いの途中の可能性が大きいので、買うのは避けるべき
  • 「×」赤ロムといってネットワーク利用制限がかかっていて買ってはいけないiPhoneです。

買いたいiPhoneがAppleで買われたものならSIMフリーモデルといって、iPhoneを一括で購入されたものなのになりチェックの必要はありません。

 

バッテリーのへたり具合

バッテリーのへたり具合は正直出品されているときの画像だけでは完全にわかりません。出品者によってはアプリなどでチェックした情報を載せてくれている親切な方もいますが、もし情報がない場合でも出品者にiPhoneの利用頻度を聞くか、もしくはアプリで確認してもらうようにしましょう。

バッテリーが劣化していると、ひどいものだと1時間もたない場合もあります。最悪の場合はAppleストアでバッテリーの交換が可能ですが、結構な金額がかかってしまうのでそうならないためにも事前チェックを必ずしましょう。

 

キズの有り無し

キズの確認はしっかり画像を見てチェックしましょう。それと人によっては少しくらいのキズはないのと同じに捉える方がいます。

登録してある写真で「全面・左右側面・背面・上下側面」の状態がわかるなら隅々まで確認し、確認できなき箇所は出品者にメッセージを送ってどういう状態か教えてもらいましょう。

 

まとめ

今回解説した注意点3つは、ネットでiPhoneなどのスマートフォンの購入を検討したことがある方なら誰でも知っている内容だと思います。

解説した注意点3つ

  • 分割の支払いが終わっているか
  • iPhoneのバッテリーの状態
  • iPhoneにキズが付いているか

しかし、ネットでの取引が全くの初心者だと、気づかないこと人も多いと思うので、この記事を参考にして自分が満足できる品質のものを買えるようにしましょう。

メルカリの公式サイト

 

-iPhone